MBA留学で発見したのがなんと日本文化でありました


MBA留学で発見したのがなんと日本文化でありました

アメリカ留学して発見したのが日本文化でした。

西洋に憧れをもった僕はアメリカで発見したのが日本文化だった。

1)日本食が恋しくなった。

2)英語三昧過ぎてホームシックになった。

3)醤油が恋しくなってうどん乾麺を買って自分で作った。

4)演歌が無性に聴きたくなって小柳ルミ子さんの瀬戸の花嫁と森進一さんのおふくろさんを

聴いてしまった。

ほかには、中学で柔道をやっていましたが、ぼくが柔道をやっているというと尊敬の目が集中した。柔道やっててよかった。

帰国後は、京都奈良と鎌倉に行きました。

醤油の作り方、納豆の作り方、豆腐の作り方、味噌の作り方を勉強した。

百人一首の勉強もした。日本史を勉強した。

アメリカで日本人が自己主張をするには日本文化がないとダメなんだよね。

アメリカ留学の大きな成果は、コンピューターでもなくマーケティングでもなく

統計でもなく、日本文化への興味でしたね。

おかげで日本の文化大好きになりましたよ。

マスコミとか日本の悪口をいうひとは外人由来だとわかります。

日本人は日本文化で出来ているのです。

お祭り、夜店、桜まつり、十五夜、お正月など日本文化の良さを見なおしたよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする