英語でビジネスの時代が到来

ぼくのツイッターでこのようにつぶやいたよ。

日本は、英語を日本語で教えて和魂英才でやってきた。アメリカに負けた

のでせめて準公用語を英語にできればよかったかも。日本語だけで村社会でできたのは89年

まで。共産圏も資本化。欧米はグローバル化情報化で日本を駆逐。

メーカーは日本でやる限り日本語でよかったが、これからは違う。

Amazonやairbnbやグーグル時代は、英語習得と移民導入でしょうね。

そこで欧米のやったのはグローバル化と情報化だったね。
グローバル化はまず共産圏の資本化。これで日本から中国にメーカーが移転。
それで日本は弱体化。不動産バブル株バブル崩壊で25年のデフレで日本企業はボロボロになった。
そこで外資が日本企業を乗っ取り。
情報化はネット社会の登場で、Amazon、グーグル、アップル、airbnbやフェイスブック
やYouTubeによるマーケティングの拡大が到来した。
メーカーが日本でやるには日本語でいいけど、グローバルには英語でないと、グローバル
化には対応できない。
孫さんのソフトバンクの隆盛やホリエモンの登場したのも情報化のお陰だね。
楽天も登場した。

英語できる移民が入ってくる

89年までは、メーカーは、物産とかの商社やユダヤの商社に売ってもらえばよかった。
しかし。情報化ではこれからは、英語が自由に使えたり英語のできる国民を移民できないと
日本は、新しい展開できない。
いまのままでは、日本は地方市場になる。
まあそれでいいならいいけど。やりたいひとは海外に出ていく。
子供はハワイやシンガポールで育てるだろう。
僕が心配するのは、外人投資家がすでに日本企業を支配しているけれど、
日本企業で外人の社長が普及すること。
外人投資家は英語のできる外人社長を採用するだろう。
そうすると、その社長は移民で入った英語のできる人を途中採用していくでしょう。
日本初のビジネスも英語できる社長や社員でグローバルになっていく。
できない社員はリストラされ、派遣社員になろう。
政府がいま副業時代を演出してきた。
これは外人社長が本格的に入ってくればリストラできるように
準備してるのでしょう。怖いですね。
子供は英語できるようにしよう。
あなたも日本語を英語に英語を日本語に直すのではなく
英語を英語で理解し、英語で会議やプレゼンをできるようにして
自分の身を守りましょう。
英語会議のやり方はこちら→http://terucco.tokyo/archives/812

ーーーーーーーーーーー

本ブログは年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。