MBA留学体験で編み出した初心者のための英会話学習法

中学3年の英語力の初心者でも学べる英会話習得法を開発。MBA留学の経験から聴けて話せる英会話。あなたにも一言英会話ができるようにします。

留学

ミシガン州立大学に初めて行った時の第一印象とは

投稿日:


ミシガン州立大学に初めて行った時の第一印象。これについて話してみようと思います。

英語学校

 

留学生活について話そう。

 

 

ミシガン州立大学に初めて行って、入学手続きをした時。

 

 

最初は英語学校が必須だった。

 

良かったのは、英語学校と同時に数学とか統計とかを大学の授業も勉強できたこと。

 

 

もう一つは、外国人の留学生と仲良くなれたことだね。

 

英語の授業はもちろん全部英語でね。

 

 

良かったのは、毎日英語で日記を書かされたことだね。

 

 

毎日日記を英語で書いていくと先生が添削してくれる。

 

ここで論文を書く手順を教えてくれた。

 

 

論文は簡単でね。

 

 

先ず結論。

 

そして理由。

 

三つほど理由をあげる。

 

特に最後の理由を強調する。以上。

 

大学の授業で印象的な学科は

 

 

 

数学の授業が大学であって驚いた。

 

僕の数3の実力は凄くって試験やっても満点だよ。

 

 

統計の授業が良かったな。

 

 

日本人の習ったのは読み書き。

 

 

教科書の英語は日本人には易しい。

 

 

読めるが早口英語が聞き取れにくい。

 

 

ここで挫折しそうになる。

 

 

ケーススタディや討論で日本人は手がでない。

 

 

だから日本人はヒアリングが必須。

 

 

僕はFENで鍛えた。

 

 

 

高校の時からFENを聴きまくってね。

 

 

 

英語を、赤ちゃんがお母さんから教わるように聴きまくった。

 

 

ある日速い英語が聴こえてきた。

 

 

突然聴こえるのよね。

 

 

子供のようにね。

 

 

FENが言ってる英語は、発音が聴こえても意味がわからない状態。

 

 

これは辞書を使えばいいだけでしょ。

 

 

ここで和英を使ったら意味ない。

 

 

日本語脳が起きるでしょ。

 

 

ここでは英英辞典を使うのよ。

 

 

わかったかな。

 

 

 

 

MSUはともかくよかったなあ。

 

 

 

 

この記事をお読みいただいたらこちらもどうぞ。

MBA留学時代で印象深かった授業

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-留学

執筆者:

関連記事

どのようにMBA留学を選んだのか

  目次1 MBA留学の経緯2 ケインズのおかげ MBA留学の経緯   早稲田大学で卒業時に就職がうまくできず、大学院に入学。     今思えば、両親が共稼ぎだ …

『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム』

  目次1 『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム』2 リンキングとは3 ネイティブラッシュは忙しい人、時間のない人に向いた教材です 『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語 …

ハピタスを紹介しましょう

    目次1 お金のない人に朗報 ハピタスで稼ぐ2 ハピタスの入会の仕方。3 ハピタスに慣れたらA8ネットもやりましょう お金のない人に朗報 ハピタスで稼ぐ   お金の …

ワードプレスでブログをさらに作りました。ご高覧ください。

ワードプレスで最近ブログをさらに作りました。ご高覧ください。     マインドマップで自分を分析した結果です。     ブログの作成はマラソンとなりますが飽きず …

外国人の日本語の話し方に会話のヒントがある

外国人の日本語の話し方に会話のヒントがあるのです。   僕も英会話をどうやったら日本人がうまくなるか日々探しています。 今回わかったのが外人さんの日本語の話し方。   目次1 「私 …

管理人のプロフィールです。

MBA留学。 早稲田大学院ケインズ研究。英会話習得法公開中。YouTuberとアフィリエイトをトライ中。 不動産投資株入門書作成中。中学時代柔道部。大学で中国語6年学習。  不動産会社7年。証券7年。商社ネット企業15年。資産運用得意。

詳しくはこちら