印象深い授業。続き。


 印象深い授業。続き。

留学先での、他の科目で印象的だったのは経済学

マクロ経済とミクロ経済の授業。

これは本当に実践的で理論というよりケースが出てくる。

マクロ経済学はケインズが好きで十分読んでいたし

英文で大学時代にサムエルソンの経済学

入門を読んでいたので、理解もできたし、言っていることもヒアリングできた。

アメリカの経済の話はよかった。アメリカの立場でみた経済の見方だった。

日本の経済学だと日本経済の話が中心だけど、立場が違うのが印象的だった。

勉強はみんなすごくする。

日本の大学は遊ぶけどアメリカは全力で勉強する。

集中して英語の本をたくさん読む。

しかも早く読む練習は今でもその効果は持続する。

自転車を運転して何十年も経過しても。

後になっても自転車を乗れるような感覚。

CNBCを毎日聴いていると思い出す。

ミシガンに行ってよかった

これはMBA留学してよかったことだね。

ロスとかサンフランシスコとかは、今でもYouTubeで知ることができるが、

ミシガン州で生活したのはよかったと思う。

ニューヨークやメキシコやカナダにもいけたしね。

トランプのラストベルトの感じは当時からあった感じだね。

デトロイトかな。

シカゴには行ったけどデトロイトは行くなと言われた。

MSUの様子はここです。

この記事を読まれたならこちらもどうぞ。

留学時代の思い出 意外と役立った柔道

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする