ノーベル経済学賞のリチャード・セイラーさんとは

人間の心理に重点を置いた行動経済学でノーベル賞を受賞されたのだ。

wikiはこちら。

日本では真壁昭夫さんがこの道の権威である。

 

真鍋さんは、ダイアモンドの記事の中で次のように説明する。

「わたしたちは、汗水たらして得た10万円は大切に使おうとする。一方、

ギャンブルなどで手に入れた10万円は、何も考えずにすぐに使ってしまいがちだ。

伝統的な経済理論に従えば、同じ10万円という金額(経済価値)が等しいにもかかわらず、

“労働の対価”、“あぶく銭”などのように、心の中で勘定科目が設定され(お金に色分けがなされる)、

 

行動に違いが生じる。そこに人間の心理が働いている。

まさに、心の中で違った会計処理を行っているのである。」

行動経済学とはこう言う行動を元に経済現象を考察することである。

くわしきはこの記事を読んでいただこう。

 サイトはこちら。

 

長期では経済学的な前提の通り行動するが、

短期では感情に左右されてバカな消費や投資をしてしまうのが

人間なんだと言うことである。

図書館の本は予約が多くて諦めた。

楽天の紹介の本は次の通りである。

 

 

 

真鍋さんのことを別のページで取り上げているのでご参照ください。

なお、この時はノーベル賞に発表の前だったことを申し上げたい。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログは年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。