為替の予想を教えてくれる私の為替のメンターは野村さんですよ。

私の為替のメンターは野村さん

 

為替って投資の基本ですよね。

僕の専門は、早稲田大学大学院で習ったのが、ケインズです。

為替のプロですね。マクロ経済の考えを一新して、もう大不況が来なくなりましたね。

 

為替と株の連動性

 

皆さんもわかると思いますが、為替と株は連動するでしょう。

日本の国は資源がないということで、資源を輸入して製品を作って輸出する。

だから、為替が円高になると輸出企業の業績が悪くなるので、株が下がります。

円安になると、輸出企業の製品がドライブがかかって、業績が爆上げする。そうすると

株価が上がるでしょう。

 

だから、株で儲けようとしたら、為替が読めないとダメでしょう。

私の為替のメンターは野村さん

 

私の為替のメンターは野村雅道さんなんですね。

 

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

 

この方の為替の読みはすごいの一言。

まずは、漫画のこの本で勉強しました。

 

 

 

 

この方は、外為どっとコムの解説者です。

私もここの会社の自己アフィリエイトで入りたいと思います。

そうすると解説が全部聴けるのです。

ここが外為どっとコムのサイトです。

これが外為どっとコムの動画のサイトです。

 

最後まで見たければ口座開設が必要です。

野村さんの為替の趣旨

 

私が野村さんのご意見をまとめますと、

ロングテールでは、日本の上期と下期の為替のトレンドです。

アメリカは、ドルが世界標準なんで、為替資金は全て投機ですが、

日本の為替は基本は、輸出入の資金繰りなんですね。

そこで、上期は輸出業者が活躍。

 

支払いは、輸出して得たドルを売って、円を確保する必要がありますね。だから上期はドル安円高になりやすい。

上期中に業者はすでにドル資金は売り終える。

 

下期に入ると、年度末にかけて輸入業者が円をドルに変えて支払う。

円売りドル買いになる。だから下期に入って円安ドル高になるでしょ。

だから、年末は円安で株高になるのです。ここは本当に大事です。

 

あまりこのように解説する人はいませんよ。

ロングな見方はこれですが、毎日の為替の取引はいろいろです。

 

五、十日とか。個別の事情がありますね。

短期では、上がったり下がったり。ディーリングはむずかしいですね。

この辺は岡三証券の武部さんの相場感が参考になりますね。

 

 

参考になりましたでしょうか?

この記事をお読みいただいた方にはこの記事がオススメです。

桐谷さんの優良株トーク

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログは年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。