空耳アワー方式の英会話習得法〜ジョン万次郎

 

ジョン万次郎といえば、みなさんも聴いたことあるでしょ。

ドラマの坂本龍馬ではよく出てきますよね。

wwikiで調べてみましょう。

 

ジョン万次郎(ジョン まんじろう、旧字体ジョン萬次郎英語John Manjirō1827年1月27日文政10年1月1日〉 – 1898年明治31年〉11月12日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけてアメリカ合衆国日本で活動した日本人である。アメリカ人からはジョン・マン(英語:John Mung)という愛称でも呼ばれた。土佐国(現・高知県)出身。帰国後は本名として 中浜 万次郎(なかはま まんじろう、旧字体:中濱 萬次郎)を名乗った。なお、「ジョン万次郎」という呼称は、1938年(昭和13年)に第6回直木賞を受賞した『ジョン萬次郎漂流記』(井伏鱒二)で用いられたことで広まったもので、それ以前には使用されていない。

日米和親条約の締結に尽力し、その後、通訳教師などとして活躍した。

ジョン万次郎は、英語を覚えた際に耳で聞こえた発音をそのまま発音していたのだね。

現在の英語の発音辞書で教えているものとは大きく異なっているのだね。

僕も、中浜万次郎が後に記述した英語辞典の発音法はよくできていると思う。

現在の英米人に中浜万次郎の発音通りに話す実験をしたところ、多少早口の英語に聞こえるが、正しい発音によく似ており、

十分意味が通じたという。

万次郎の発音法を参考にして、日本人にも発音しやすい英語として教えている英会話教室もあるそうである。

オリンピックやインバウンドで英語はこれからますます庶民でも使える必要があるので、皆さんにもジョン万次郎の英語を

学んでほしいですね。

 

ジョン万次郎の英会話発音方式

 

1)「cool」=「こーる」

2)「water」=「わら」

3)「Sunday」=「さんれぃ」

4)「New York」=「にゅうよぅ」

5)
「English」=「エンケレセ」

6)「summer」=「しゃま」

7)「cat」=「キャア」

8)「tea」=「リに”つまり、リ”ィ-。」

9)「teath」=「リに゜つまり、リ゜ィッス」

10)「night」=「ナイ」

11)「morning」=「モヲネン」

12)「evening」=「イヴネン」

13)「winter」=「ウィンダ」

14)「cold」=「コヲル」

15)「west」=「ウヱシツ」

16)「gate」=「ゲイ」

17)「net」=「ネ」

18)「Father」=「フワザ」

19)
「any」=「エネ」

20)「sorry」=「ソレ」

21「think」=「センカ」

22)
「this」=「ゼシ」

23)
「question」=「コシチャン」

24)McDonald」=「メクダノ」

25)「How much? 」=「ハマチ」

26)「yellow」=「ヤロ」

27)「Are you coming?」=「アー ユー カメン?」

28)「I am going」=「アイ アム ゴイン」

29)「It is a moon light night.」=「イータ イシ エイ ムーン ライト ナイ」

30)「What time is it now?」=「 ホッタイモイジルナ」

 

私の感想

 

留学した私は、よくわかります。

これは日本語の教師が英語を日本語で教えるという、和魂洋才の明治依頼の伝統。

日本語教師が公務員であり、エリートはいずれ海外留学でできるので、

日本に、日本人を縛って日本人を移民させない魂胆と思う。

いつまで日本語で英語を教えさせるのか?

大学受験をいつまで英文解釈とかに集中させるのか意味不明。

TOEICでいいでしょ。大学受験の英語は。