YouTubeで学ぶ実践的英会話習得法

 

最近は、英語を喋っている外人がしゃべることがすごくわかる。

1)CNBCで毎朝に株式の放送を聞いている。

これはヒアリングの練習になる。

 

 

2)ブログアフィリエイトをYouTubeで英語で聞いてみる。

もちろん字幕は英語にする。

日本人の英語能力はすごい。

だめなのは英語能力ではない。

ヒアリングとスピーキング。

なぜできないかというと、日本の教師は話せない喋れないけれど、読み書きは優れる。

これは明治維新依頼の英語教育の責任。

 

 

3)YouTubeでスマホとかパソコンとか、

ガジェット系の英語のYouTubeを見てみる。字幕はもちろん英語。

 

 

 

 

4)ゲームをYouTubeで見てみる。もちろん英語のだよ。

 

 

5)欧米の音楽番組を英語のYouTubeでみてみる。

もちろん字幕は英語だよ。

 

 

6)スポーツを英語のYouTubeを見てみる。

もちろん字幕は英語だね。

 

 

 

これだけ毎日やっていると、まずヒアリングがバッチリになる。

次にはシャドーイングをやってみる。YouTubeが英語でしゃべるのに合わせて

喋ってみる。

そのときのポイントは、リエゾンと、発音だね。

リエゾンとは、「ほったいもいじるな」 という ジョン万次郎流の空耳アワー英語だね。

発音は、別のところで説明しているよ。

こちらね。

関連記事:英会話はまずヒアリング大事だよ〜中学三年英語で十分

http://terucco.tokyo/archives/755

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働をしないで稼いでいます。

 

 

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

 

 

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

 

 

留学して英語も勉強しました。

 

 

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

 

 

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

 

 

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

 

 

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

 

 

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。