英語はビジネス英語をろう

これからの時代は、

ビジネス英語をやりましょう。

グローバル化と、

デジタル化と、

AI化で、

リストラ時代の到来。

終身雇用の崩壊。

これを生き残るには、

ビジネス英語をやろう。

英会話のコツ

第二外国語なんだから

流暢でなくていい。

単語はもういい。

ヒアリングと、

スピーキングと、

ビジネス英語がいい。

 

 

TOEICは760点で十分だ

英語は丁寧語だけ覚えよう。

日常会話は諦めよう。

ビジネス英語に集中しよう。

発音も日本語風でいい。

なぜなら、

英語を使うのは。

英語が第二外国語の

英国民米国民以外が、

多いいから。

 

英語を使えるとチャンスが一気にひろがる

 

日常英語は難しい。

そんな選択はやめて、

簡単にできるビジネス英語だけに、

集中しよう。

 

ビジネスで交渉するような、

映画を見よう。

インプットが多すぎるので、

アウトプットをしよう。

シャドーイングが重要だ。

発音は無理するな。

それより、

リエゾンを徹底しよう。

 

結論から話せ

日本人の悪い癖は、

論理が起承転結なこと。

挨拶から始まり、

結論が最後。

これでは、

結論から最初に言う、

欧米人は嫌がる。

 

竹村健一さんが言ってた。

「日本の常識は世界の非常識」

日本の習慣は、

結論を最後に言う。

ビジネスの世界では、

結論は最初に言うでいい。

メールも、

欧米人というか、

日本人以外は、

チャットのように使う。

結論しか言わない。

ビジネスの人は忙しい。

挨拶しているうちに、

相手は嫌になり

どっかにいなくなる。

 

 

留学したときの、

論文の書き方は

まず、

結論から言うだった。

英語は、

テンプレートを覚えよう。

 

 

留学相談なら

 



おすすめの本

英語で考えるには そのヒケツと練習―Toward Thinking in English

 

 

 

関連記事

おすすめ 英語会議のやり方〜プロの解説本はこれだね

http://terucco.tokyo/archives/1328

シャドーイングの訓練にいいYouTubeだね。