『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム』

 

このシステムは英会話習得法なんですね。僕も独自のやり方を持っていますが。このシステムを調べて見ました。

ポイントはリンキングということですね。

これは一つ一つの単語ではヒアリングやスピーキングができないということですね。

 

僕はこれを定義できなかったので、フランス語のリエゾンで表現しました。

それに、僕のやり方は、朝起きたら、CNBCを聴くというやり方。

ヒアリングを赤ちゃん方式で学ぶやり方です。

 

 

これは、藤永 丈司氏の最新英語教材です。

僕も英会話習得法を作っているのですが、フランス語のリエゾンに当たる、リンキングというコンセプトに

集中しているところがいいですね。

納得しました。これはいい教材だと思います。僕もできればこういう風に作りたいですね。

 

リンキングとは

 

私が作った教材の中のフランス語のリエゾンに当たります。

こちらが私の教材です。

題名は

テルさんの英会話習得法 英会話入門

です。ご一読くださいね。

この中で英語を読む時には、フランス語のリエゾンが大事と書いてますが、まさにこれがリンキングです。

これをうまく習わせる方法はなかなか開発できていません。開発中ですけど。

それなら、できた人の教材を推薦しようと考えました。

 

いずれ僕も作っていこうと思います。

YouTubeもあります。

僕の教材を説明して、リエゾン的な発音もやってます。

 

 

 

ネイティブラッシュは忙しい人、時間のない人に向いた教材です

僕の教材は、個別に指導が必要であったり、自分の自助努力が必要ですが、

ネイティブブラッシュは、iphoneやiPadなどの、スマホやタブレットで手軽に一日5分で

ポイントのリンキングのコツを掴めます。

 

英単語や英文法はもうみなさん十分やっているのです。

それでもヒアリングやスピーキングができないのは、まさに、このフランス語のリエゾン、英語のリンキングが

できないからですね。フランス語だとリエゾンを教えるのに不思議とこの英語のリンキングは教えない。

なぜか不思議ですけどね。

 

まあ、ともかく、このリンキングをできるようになると、ヒアリングもスピーキングも徐々に楽になりますよ。

僕が作りたかった教材です。僕も僕なりに作っていきますが、今はこれが推薦できる教材ですね。

詳しくは、こちらで検討の上、申し込みください。

 

 

 

こちらの記事をお読みの方はこちらの記事もどうぞ。

一番肝心なのはヒアリング。何故なのか。