英語脳の育成が全て

 

 

英語脳の育成は重要です。

朝起きたら英語を聴き流す。

意味がわからないくてもいいです。

 

赤ちゃんがお母さんから話しかけてもらって言葉を覚えるでしょ。

だから単語も文法もいい。

中学三年までの英語で十分。

 

ともかく、朝起きたらサラリーマンや学生ならCNBCを聴きましょう。

五年くらいきき続けると英語の意味はわからないけど音が分かる。

中学三年までにならった英語が聴こえてくればわかるのですね。

 

FENを聴き続けた学生時代

中学3年から高校のときにやったのは、米軍放送のFENを毎日聴きました。

聴いて聴いて聴き倒す。

 

不思議なことに英語が自然と聴き分けられる。

とくに長崎先生のFENの聴き方という本をよんでさらに復習と練習をしました。

英語を毎日ただただ聴き続けていくことで英語脳が育成されたのでしょう。

 

英語脳を育成するのは、食べながら聴き流すとか、散歩しながら聴き流す。

聴くのはYouTubeでもいです。自分に興味ある趣味やスポーツや将来役立ちそうな

話題を聴いたらいいですよ。

 

おやがアメリカ人と日本人で合った時、赤ちゃんは日本語と英語を同時に聞くことになります。

そうすると頭の中が、英語脳と日本語脳が出来上がるのです。

無意識に出来上がるのです。

 

だから小さい頃から、セサミストリートのような幼児英語番組を聴かせていれば、自然と英語脳が出来ます。

問題は毎日毎日継続することがポイントですね。

継続はちからですね。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログは年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。