東京は香港やシンガポールのようなグローバル都市になる

不動産株式投資


 

東京は香港やシンガポールのようなグローバル都市になる

 

アメリカのMBA留学経験をして、日本企業の数社で働いた経験からすると。

東京は国際都市にはならないだろうと思っていた。

 

日本はやはり競争社会でなく村社会なんだよね。

忖度と空気を読む。

 

ゴリゴリ個性を発揮する人は例外。

ホリエモンは例外。

 

外国の大学を出ると、外資系の企業のトップや経営コンサルタントや起業家を目指す。

ファンドのマネジャーとかもね。

日本企業はいると個性が強すぎで浮いちゃう。

 

これは小学校の教室を見ればわかるという。

 

次の動画のに登場のS&Pグローバル・ジャパンの

三宅伊智朗さんがそうおっしゃる。

 

 

村社会日本は変わらない

 

うちの子供を見てもグローバルは無理だろうな。

要は建前はグローバル。

 

本音は村社会。いつまでも変わらない。

これは僕が20歳の頃から変わらない。

 

 

でも最近の記事で気になることが

 

どうもね、最近の記事で注目なニュースがありましたね。

経済特区で、移民ができるようになるらしい。

 

これが本当なら、香港や、シンガポールを凌駕できる。

そのためには、原発は止めた方がいいね。

 

地震国に原発は、シャレにならない。外人さんがこない。

あとは小中で、英語の話せる人が教えればいいと思うね。

 

最近は考えが変わった。英語公用語化も一気に行きそうな気がして来た。

 

外国企業が日本企業を買収して来ている。幹部は英語を話せば日本人も

英語でやらざるを得ない。日本は一気にガラッと変わる性質があるからね。

その変化に期待してるよ。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、別途の生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました