留学帰国後、目指した経営コンサルタントとは

経営コンサルタント


 

 アメリカ帰国後に経営コンサルタントを目指した

 

 

MBA留学から帰国した時に、最初に職業として意識したのが経営コンサルタント。

大前さんですね。堀さんとかですね。

何度か経営コンサルタントを目指したのですがね。留学を生かしたかったのですね。

でもなれなかった。

シニアになってコンサルタントにまた興味が湧いて来た

 

シニアになってまた経営コンサルに興味が出てきました。

そこで今回の中川さんの本で、経営とデザインの幸せな関係という本を

なんども読んでいるうちに、なんか、経営コンサルタントみたいだなと思いました。

なんで中川さんが優れたコンサルができるかというと、

やっぱり元富士通の会社のソフト開発のセールスエンジニアだったんだと思った。

経営分析がきっちりしている。経営の分析をしないと企業の全体の基幹業務を

作れないでしょ。だから分析が素晴らしい。

システムエンジニアと経営コンサルタントの融合がすごいの一言。

この本はなんども読んで見たいね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

経営とデザインの幸せな関係 [ 中川淳 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)

 

 

自分のマインド分析もしてみよう

 

僕のブログのアフィリエイトを、経営に見たてると、中川さんに経営コンサルをやって

もらったような感じで、自分の今をマインドマップ風に分析しようと思います。

そうすることで起業家としてのアフィリエイト事業を分析して、改善して、実績を

あげるべく頑張ろうと思います。

いいアイデアでしょ。

 

留学したことを今後に生かしたいですよね。

この記事をご覧ならこの記事をどうぞ。

MBAの実践に関する本を紹介

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、別途の生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。

タイトルとURLをコピーしました