一番肝心なのはヒアリング。何故なのか。

日本人なら英語を中学で習っているでしょ。

そうすると、日本語を使って英語を習っていて、

 

先生は通じない英語を教えていることになる。

それでいいと文科省も認めている。

 

英語の先生は基本は英文解釈と文法ができればいい。

作文もね。

 

これは高校でも大学でも同じでしょ。

英会話したければ、外人のいる学校に行けというシステム。

お金のあるセレブは英語はできるようになる。でも庶民派英語はできず

日本で奴隷として派遣で働く。これではいけない。

 

おかしいでしょ。

発音とヒアリングはできなくていいことになっている。

だからヒアリングができない。

 

ヒアリングをトライすると、

すごく喋りが早くて何を言ってるかわからないでしょ。

 

話してる英語は本当は簡単

 

でもね、YouTubeの外人の英語とか、フェイスブックのCNBCの動画を、英語の字幕を入れてみると、

話してる英語は簡単。

中三レベル。

 

問題は、発音とリエゾンが聴こえない。

だから、ヒアリングには 。発音とリエゾン訓練が必要。

 

そのためには、発音の訓練中三の英語の教科書を大きな声で音読する訓練が必要。

そのためには発音を学ぶ必要がある。

 

発音の訓練では、前回紹介した一言英語の先生、がいいと思う。

発音をちゃんとやって音読するのは誰もやってくれない。

 

自分でやらないとできない。

今そのためのメルマガを、準備してるからちょっと待っててね。

 

メルマガスタンドがうまくできないのよね。

オレンジメールで悩んでます。

 

僕のテルさんの英会話習得法入門を是非読んでください。

このブログはアマゾンアソシエイトに登録していないので

アマゾンの本は紹介できないのでご自分でググってくださいね。