MBA留学で英語に苦労した僕が特別に開発した英会話習得法をご紹介しましょう。

日本人にあった英会話習得の方法

 

1)日本人の英語は特殊な洗脳状態にある

 

日本人の英語は読み書きや文法はできる。

できないのがヒアリングとスピーキング。

これは、理由がある。

 

明治以来の和魂洋才で、英語は漢文のように、

発音とヒアリングは国の方針で捨てさせた。

 

ローマ字とカタカナが最悪です。これで英語の発音が全くできなくなる。

先生が、日本語で英語を教える、世界でも珍しい教授法を受けてしまいます。

 

発音が悪いまま、リズムが日本語のままで、みんなで、英語を読むので最悪なんですね。

ここから、脱出する方法はありますね。

 

まずいのは、英語の上手い外人から習うことです。外人さんは日本語を知らないので、

それで、日本人が、どうして、英語をできないかを、知らないのですね。

 

外人さんにとっては、日本人に英語を、ネイティブに教えれば教えるほど、

日本人はできなくなるのですね。

 

だから、なんど教えても英語習得しないので、儲かるのです。

でもその解消法は知らないのですね。

日本人が、英語を中学から初めて、うまくなるとコツがわかり、

日本人に教えることができるんですね。日本人から習う英語が、一番いいと思いますね。

 

ヒアリングは大事です。でも、ただ聴いていれば話せるわけではないのですね。

ここにもコツがあるんですね。

 

2)まずは基本の発音が学ぶ必要がある。

発音では、5種類ペアの音を発音し、聴き分ける練習が必要です。

 

3)フランス語のリエゾンを習得することです。

フランス語では、リエゾンをちゃんと教えているのに、

英語では不思議と、リエゾンは教えません。

これは、本当に不思議です。国家としては、わざと教えない方針だと思います。

できると困るのでしょうかね。

外国に出て行ってしますしね、外国人とのコミュニケーションができちゃうと、

政治的に縛っておけないですからね。

税金とか、政府に対する不満とかね。

 

4)英語のリズムと日本語のリズム。

来たばかりにの外人さんが、日本語を話すと変ですよね。

あれが英語のリズムなんですよ。これも誰も言いませんでしょ。

そして、外国人は、それに気づかないのですよ。

 

朝に、英語脳を起こして、日本語脳が起きる前に、CNBCを聴いてください。

他のことをしながら聴き流しましょう。

只管打座っていいますよね。ひたすら座る。

それと同じで、英語をひたすら聴き流す。

 

早いのがいいでしょう。ある日、突然、聴き分けができ始めます。

僕もその時のことを、覚えていますが、驚きましたよ。

時間は、2年くらいかかりました。

 

学習法を工夫すると、もっと早く聴けるようになりますよ。

赤ちゃんが、母の声をききわけるようにね。

ちょっと、時間がかかりますが。

 

 

5)英語の難しいのは、最初の3つのフレーズです。

 

外人の話は、だいたい、主語と動詞と名詞がパッと速く、ものすごく速く話されちゃう。

この3つのフレーズを聴き分ける訓練が、必要なんですね。

いわゆる、ディクテーションですね。

 

6)大事なのは、外人の話にすぐに繰り返してはいけないということ。

 

これは、赤ちゃんの語学習得にはないことです。

ここが一番にポイントです。

赤ちゃんは、お母さんが話した言葉を、周りの状況に応じて覚えますが、

その時、返答はしません。

 

黙って、次の日にその記憶を残すのですね。

それで、その情景と音があとで合致して、言葉を聞くと、お母さんの顔と言葉が浮かびます。

ここが大事です。

 

 

英語は、聴いた日には、読み上げないのです。

次の日に、読み上げましょう。一日置くのがヒントです。

 

7)中三の英語教科書を、英語の発音とフランス語のリエゾンをしながら、読み上げて録音

そして、その場で聴かないで、次の日に聴くのです。

ここがポイントです。

読むときは、英語の状況を想像しながら、

 

翌日にその情景を思い出しながら、脳に英語を吸収させるように記憶して、

自分の英語を聴きましょう。

そうすると、英語が情景を伴ってわかって来ます。

ここは大変大事です。

 

8)前置詞の訓練。

 

簡単な英語で、机の上、机の下、机の周り、机の真上とか、英語を見て、

情景が浮かぶことが、重要です。

家中のものに、英語単語を貼って、眺めるのもいいでしょう。

体で覚えるということです。

 

これって、赤ちゃんの語学習得方法でしょ。

日本語も、思い出すと、こんな感じで覚えましたよね。

つまり、日本語で聴いた意味がわからなくても、

寝ながら思ったり、次の日に考えたりして

日本語が、情景を持ってくるわけです。英語習得法も同じですよ。

 

この段階になると、英英辞典を使いましょう

英英辞典を読むくらいになりましょう。

英語を見て、日本語に直すことなく、英語で入ってくるようにする。

これって、小五の時くらいに日本語辞典をやたら読んだ記憶があるのですが、

それと似てますよね。

9)話す訓練。

ここで重要なのが、英語の速いスピードの英語に合わせて、

シャドーイングすることです。

どういうことかというと、英語は最初の3フレーズが速くて、

そこに主語と述語と名詞が一気に超スピード

 

話されて、聴こえなくなるのです。

これを、速く捉えて、くり返すシャドーイングできれば、話せるようになります。

3フレーズを、パッと聴いたら、書く訓練をすることです。

そうです、ディクテーションですね。

 

10)一言英会話の習得

会話は、さっと言葉が出るように、訓練が必要です。

一言英会話を、たくさん訓練して、覚えれば応用できます。

この辺は、私のテルさんの英会話習得法に書いてありますので、

参考にしてください。

これです。ご一読願いますね。


まだ完璧ではありませんが、だいたいは書いてつもりです。

一日明けて、記憶して、話したりすることが、意外と効果があります。

次のは僕の英会話習得法のYouTubeです。

 

 

最後に、まとめますと、

ただ単に聴き流しても、うまくならないのですね。

最初の3フレーズの聴き込み訓練とか、ヒアリングとか、時間と努力が必要ですが、

やり方がわからないとできませんよね。

ここまで、読んだら、できそうでしょ。

訓練は、指導者がいた方がいいですけどね。

無料メルマガを作りました。

登録して英会話を習得してくださいね。こちらです。

http://www.mag2.com/m/0001682309.html

英語を聴いて、日本語に直してから、話すのはまちがいです。

英語を聴いたら、情景を浮かべて、とっさに英語がでる訓練こそが、必要なんですね。

僕らの孫の世代が英語を自由にできるようにして欲しいですね。

僕の知識が役立てばと思います。