英会話のヒアリングができた後の勉強法は?

 

英会話のヒアリングができた後の勉強法はどうするのか?

ヒアリアングは、2年間ずっとFENやCNBCや好きな英語のYouTubeを聴き流せばいいです。

そうすると、ある日、突然英語が聴き分けられるようになります!

 

それからやることは、最初の言葉の主語動詞名詞を聴いて書くこと。

すごく速いので難しいですが。その書いた単語は、正確でなくていいです。

聴いたまま書くのです。それがフランス語のリエゾンを鍛えることです。

 

それから、英英辞典を使いましょう。今ならネットでに英英辞典の無料アプリがあります。

それを今度はじっくり読みます。そこで決して日本語訳にしないのです。画面を思い浮かべてください。

英語を英語として脳に吸収させます。そうです、赤ちゃんが母親から学んだ方式です。

 

そして、一晩眠ったら、英英辞典をもう一度開いで、前の日に調べた言葉の意味を

思い浮かべてください。そうすると不思議不思議なことに英語が頭に吸収されます。

これは本当に大事なことです。

 

英語のリズムは外人の日本語に学ぶ

 

英語のリズムは外人の日本語に学ぶと言うのが正しいのです。

日本語は母音でできているので、どうしてもゆっくりなるし、文章の最後にならないと意味が通じない。

だから最後を聴く癖が付いている。英語国民は、最初に結論を早く言うのでそれに慣れている。

 

この練習をしないと絶対にヒアリングは上達しない。

初めて日本にきた英語の先生とか、テレビに出てきた英語をしゃべる外人は、

ともかく抑揚のあるリズムのある日本語を喋りますね。あの真似をしてください。

そしてそのように英語を喋ると正解になります。

これは結構大事なことです。

 

英語を喋るには発音の練習がポイントですね。

 

発音をしっかり学ぶことが英語学習のキモです。

日本では、幼い頃から英語はカタカナやローマ字で教えられます。

これが最悪なんですね。カタカナ英語もローマ字英語も、発音がめちゃくちゃで教わります。

 

誰も疑問を言いません。大人がひどい発音のカタカナ英語をしゃべっていると子供は正しいものと

思ってしまいます。特に、日本は、明治維新の時に和魂洋才を掲げました。その時に英語は日本語で

教える伝統ができました。英国連邦の人をみてください。英語は誰でも話します。

 

英語を聴いて話さないとエリートになれないのです。

だから、官僚や大学教授は留学しますし、資産家のセレブの子供は小さい頃から英語を学びます。

英語がエリートと非エリートの境界を形成します。

 

僕の英会話習得法をやればヒアリング、リーディング、一言英会話には困らなくなります。

次は発音について述べたいと思います。

僕のアマゾンの英会話習得の本です。ぜひお読みください。

その本の題名は

テルさんの英会話習得法 英会話入門

です。

ご一読くださいね。

YouTubeも作りました。