MBA留学して帰ってきた時に思ったこと


米国MBA留学して帰ってきた時に思ったことを述べてみたい。

留学して帰国した時

MBA留学して27歳で帰国した時になんかアメリカと合わない自分がいた。

そこで読んだのが甘えの構造中根千枝さんの本。

中根 千枝 の タテ社会の人間関係―単一社会の理論 (1967年) (講談社現代新書) を Amazon でチェック!

帰国子女なら日本企業に入る前に読むべき本。

年功序列の心理。村社会日本がわかる。

留学すると分からなくなるね。

都会育ちでMBA留学して。

日本ムラ社会を知らなかった。

転職数回

だから転職数回した。

会社辞める時、同じ業界に行きにくい感じ。

仲間はずれ村八分気分。業界の秘密は言ってはいけない気風。

角栄さんが言ってた嫉妬車座社会だね。

転職が全部違う業界。

子会社→親会社→子会社

管轄も国交省→財務省→総務省

野球部のケツバットでね。一年先輩は凄いと知らせる村社会行事

年功序列を叩き込む儀式。

官僚の年次で制度ができている。

政治家の当選回数もね。

田舎の農村出身の人はいい。

問題は親が進歩的で大前さんのように実力主義で、

米国MBA留学したりして、うっかり日本企業に入ると危険。

上司からいじめられ、同僚から嫉妬される。

これほんと。

留学した大学院はここです。

ミシガン州って寒いんだよね。

留学の相談ならカナダジャーナルに相談してみよう

次のような方は、

1)留学を検討している方

2)留学に興味のある方

3)海外で生活をしてみたい方

創業35周年の老舗 現地留学エージェントカナダジャーナルに相談してみよう

あなたの夢を叶えます~

相無料の留学手続きサービス

格安+安心、安全な留学先をご案内いたします。

海外生活へ踏み出す第一歩は

問い合わせしてみましょう~

詳しくHPへ

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZCWO0+BZNHAY+3OSA+5YZ77



;

この記事を読んだらこちらの記事も読んでみてくださいね。

MBA留学の動機とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする