MBA留学の経緯

 

People hangout together at coffee shop

 

早稲田大学で卒業時に就職がうまくできず、大学院に入学。

今思えば、両親が共稼ぎだったからであり、感謝に耐えません。

大学卒業時に、東急不動産を狙うも失敗。

これでもコネがあったが、成績が悪すぎた。

 

そこで大学院へ。経済学ゼミをとった。

ここで出会ったのがケインズ。これにハマったね。

大学の時に、サミュエルソンの経済学を英文で読んでいたので、ケインズは知っていたけどね。

ケインズで学んだのがマクロ経済学。乗数効果とかね。

ミクロで正しくてもマクロでは間違いとかあるでしょ。

 

今でも馬鹿なマスコミの連中は、合成の誤謬をやってる。

ミクロで家計で節約は正しいけど、みんなが節約するとマクロでは経済がデフレになり、

失業が増え給与も減ることがあるんだね。

 

ケインズのおかげ

ケインズのおかげで戦後は大恐慌がなくなったのだね。

それとケインズは、財務省出身で金融に詳しく為替や株で大成功。

僕が証券会社に入ったのもケインズのおかげ。

大学院の時は不動産鑑定士を目指していた。

論文も土地の価格についてだった。

 

アメリカの不動産の学校に留学して、日本に帰って、不動産学科の教授になろうと思ったこともあった。

留学の時には、アメリカの不動産学科のMBAを狙ったのだが、専門学校しか見当たらなかった。

でもMBA留学後には、不動産の会社に入ったからね。宅建も持っていたし。

不動産は、金融の担保として重要なことは今も同じでしょう。

 

ここがミシガン州立大学です。

 

留学の相談ならカナダジャーナルに相談してみよう

次のような方は、

1)留学を検討している方

2)留学に興味のある方

3)海外で生活をしてみたい方

創業35周年の老舗 現地留学エージェントカナダジャーナルに相談してみよう

あなたの夢を叶えます~

相無料の留学手続きサービス

格安+安心、安全な留学先をご案内いたします。

海外生活へ踏み出す第一歩は

問い合わせしてみましょう~

詳しくHPへ

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZCWO0+BZNHAY+3OSA+5YZ77

 



;

 

 

 

 

この記事をご覧でしたらこちらの記事もどうぞ。

ミシガン州立大学に初めて行った時の第一印象は